雅子様の即位の日ドレスのブランドや値段は?ティアラについても

Sponsored Links







こんにちは! 空です。

 

ついに、今日2019年5月1日より新しい時代「令和」が始まりましたね!

令和元年、ということでなんだか実感がわきませんが

新しい時代の幕開けに立ち会えるという貴重な経験が出来てワクワクします。

 

本日5月1日(水)の午前11時すぎに行われた天皇陛下の即位の儀が行われましたね。

天皇陛下のお隣りで、皇后陛下となられた雅子さまは今日もとても美しかったです!

 

そんな雅子様がお召しになられていてドレスとティアラ。

本当によくお似合いになっていて素敵でした!!

 

女性ならば、一度はあんな素敵なドレスとティアラを身に着けてみたいなあと憧れますよね。

 

今回は、即位の際に雅子様がお召しになられていたドレスやティアラについて調査してみました。

 

Sponsored Links

雅子様の即位のドレスのブランドや値段は?

本日、雅子様は午前と午後でドレスを着替えられていましたね。

 

午前中はローブ・デコルテといわれるタイプのドレス。

 

そして、上皇ご夫妻にあいさつをするため、皇居に入る半蔵門を車で出られる際には

アイボリーのローブ・モンタントと呼ばれるドレスに着替え、同色の帽子も着用されていました。

 

どちらもとてもよくお似合いになっていてお美しいですね!!

 

午前中のドレスローブ・デコルテ」と午後のドレス「ローブ・モンタント」

とは、一体どういったドレスの事を言うのでしょうか??

 

 

まず、ローブ・デコルテとは「首元と胸元が大きく開いたドレスの形」のことを指します。

 

 

View this post on Instagram

 

高安まり子さん(@marizi_g)がシェアした投稿


女性の正装・礼装とされ用いられます。

 

そして、午後のローブ・モンタントというのは「肩や背中の露出が少ない立ち襟のドレス」

のことをさしていて、日本では「女性の昼の礼装」とされています。

 

雅子様はこのタイプのドレスをお召しになる事が多い気がしますね。

【平成25年 オランダ国王即位式】【平成30年 講書始の儀】

の際にも、ローブ・モンタンとタイプのドレスをお召しになっていました。

 

さて、とても美しいドレスですが、どこのブランドなのだろう?と気になりますよね。

これに関しては、残念ながらハッキリとした情報はありませんでした。。

 

皇室専属デザイナーと呼ばれる方々がデザインしているという情報はありましたので

特別品ということになりますよね。

生地も最高級のものを使用されているので、もちろんその値段も凄い事になるのでしょうね。

 

一般的にデザイナーにオーダースーツなどを依頼した場合の最低ラインは

  • ジュンアシダ スーツで30万~
  • 森英恵    10万~

 

という感じですが、今回はドレス、なので当然値段は上がります。

 

オートクチュール(イチからすべてをデザインするフルオーダー)の場合は、

50万円~100万円以上するブランドもありますので、皇室専用のドレス・・・となると

100万円以上はするのかもしれませんね。

 

ちなみにですが・・・雅子様のご成婚の際のウエディングドレス

 

View this post on Instagram

 

Sophricoさん(@soph_rico)がシェアした投稿

この時のドレスは、あの森英恵さんがデザインされたものとのこと!

 

ということは・・・今回のドレスも森英恵さんがデザインされている可能性もありますね。

 

ティアラについて

 

View this post on Instagram

 

Ito Yamaneさん(@mipolin_tokyo)がシェアした投稿

ドレスと一緒に印象的だったのが、あの素敵な「ティアラ」ですよね。

美智子さまが贈られました。

 

実は皇室のティアラには「第一・第二・第三」とよばれる三つのティアラがあるそうです。

引用元:https://www.fnn.jp

 

今回、雅子様が着用されていたティアラは

皇后陛下が持つ3つのティアラのうちの最も由緒のある「第一」と呼ばれるものとなります。

 

第一ティアラは、明治天皇の皇后である昭憲皇太后から約130年続いているものだそうですよ!!

こうやって、代々受け継がれていっているのですね。

 

上の飾りは取り外すことができるようになっているとのことで、

大粒のダイヤモンドが一番の特徴的なこちらのティアラ。

引用元:https://www.fnn.jp

デザインは少しずつ、変わっていっているのですね。

 

この第一ティアラが皇族の為に作られた最も古いティアラだと言われていて

ブランド&デザイナーはミキモト製という情報もありました。

大正12年に作られたということで、本当に伝統あるティアラなんだということがわかりますね。

 

ティアラはその時代に合わせてリメイクされてお譲りになる事が多いそうです。

 

ティアラの値段は?

気になるティアラのお値段ですが、雅子様が着用されていたティアラに関しては

正確な値段の公表はありませんでした。

 

ただ、他の皇室の方のティアラに関しては値段の情報が出ていました!

 

眞子様:2856万円

佳子様:2892万円

絢子様(守谷絢子様):約1485万円

典子様(千家典子様):約1522万円

 

ということで、やはりとても高価なものなのですね。

 

秋篠宮家の佳子様のティアラに関しては、2013年に製造業者の競売入札がおこなわれていて

その際には「MIKIMOTO」が約2900万円で製作を請け負う事が決定しています。

 

雅子様や美智子さまのティアラのお値段は、もっとするのではないかと想像できますので

億単位の金額にはなるのではないでしょうか。

 

即位の画像やネットの声まとめ

今日行われた即位の際の雅子様の画像や皆さんの声をまとめてみました!

 

まとめ

今回は、雅子様のドレスのブランドや値段・ティアラについてまとめてみました!

 

本当に、今日の雅子様はいつもに増してお美しかったですよね。

ドレスもティアラもとても素敵でしたが、それに負けない位輝いていらっしゃいました。

 

今日より新しい時代「令和」となりますが、元号に込められた意味のように

ずっと平和でよりよい時代となっていくことを心から願います。

 

令和の考案者や意味について

 

絢子様の晩餐会のドレスについても知りたい!

 

雅子さま一般参賀のドレスの色の意味ってあるの?

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

また別の扉でお会いしましょう。

Sponsored Links