関西の梅雨入り2019はいつ?梅雨明け時期や雨量もチェック!

Sponsored Links







※6月7日追記

こんにちは! 空です。

 

なんだかいきなり夏日の様な高気温が続いたと思ったら、雨模様が増えましたね。

そして、気付きました。もうすぐ6月だということを・・・。

 

そう、6月といえばもう「梅雨」の時期が近付いているのですね!!

 

毎年やってくる梅雨の時期。

昨年は梅雨の期間が少し短めだったのですが、今年はどういった傾向になるんでしょうか?

令和になって初めての「梅雨」

早速気になる、関西地方の梅雨入りの時期や、過去のデータ・今年の雨量などについて調査です!

 

Sponsored Links

関西の梅雨入り2019はいつ?

もちろん、はっきりと発表があったわけではありませんので、過去データから予想していきたいと思います。

 

過去10年間の梅雨入りの時期を見てみると

2010年~2018年の梅雨入り
2010年 6月13日ごろ 
2011年 5月22日ごろ
2012年 6月 8日ごろ 
2013年 5月27日ごろ 
2014年 6月 3日ごろ 
2015年 6月 3日ごろ 
2016年 6月 4日ごろ 
2017年 6月20日ごろ 
2018年 6月 5日ごろ 

となっていました!

2011年・2013年は、5月にすでに梅雨入りしていますね。

過去10年間の梅雨入りの時期の平均を出すと、6月8日ごろとなります。

 

更にはグラフにしたものも見てみましょう!

こちらのグラフを見てみると、年々梅雨入りの時期が早まっている事もわかりますね~。

このグラフは1951年~2017年までのデータが載っていますが

この68年間の平年値は6月7日ごろとなります。

 

先ほど出した、過去10年間の平均と近いですね!!

 

そして、もう一つ参考になるのが「沖縄の梅雨入り時期」ですよね。

沖縄が梅雨入りした時期によっても、その年の梅雨入りが早い・遅いという目安になります。

 

実は今年2019年、沖縄はすでに梅雨入りしています!!

沖縄が梅雨入りしたのが、2019年5月16日

 

例年と比べると、少し遅めのようですが、昨年2018年と比べると16日も早いんですよね。

ということは、関西の梅雨入りも例年よりは少し遅めで、昨年よりは早めという様に考えられます。

 

まとめると・・・

 

・過去10年間の平均日は、6月8日頃

・過去68年間の平年値は、6月7日頃

・昨年2018年の梅雨入りは6月5日頃

・今年はどうやら例年より少し遅めで昨年よりは早いらしい←ちょっと矛盾(笑)

 

以上の事から予測してみると、今年2019年関西の梅雨入り時期

6月1日頃~6月12日頃

ではないかな?と思います。

 

※6月7日追記

今日、関東甲信、東海、北陸、東北南部で梅雨入りが発表されましたね!

この様子でいくと、関西はやはり6月10日頃?と思いましたが、どうやら晴れの日も続くので

もう少し先になるかもしれません!

 

関西の来週(6月10日~)の天気予報

引用元:https://tenki.jp/week/

ご覧の通り、結構晴れの日が多いですよね。

「梅雨入りの定義」としては基本的な考え方が「5日以上雨または曇りの天気図」なので

6月18日以降の可能性も高くなってきましたね・・・。

 

※6月18日以降の関西地方の天気予報追記しました。

引用元:https://tenki.jp/week/

 

こちらを見てみると、20日以降から曇りや雨の日が増えていますね。

この頃から梅雨入りが近づいてくる気配がしますね。

 

いずれにしても、今年の梅雨入りは少し遅くなりそうです。

 

梅雨明けの時期は?

 

ちなみに、梅雨明けの時期ですが、同じ様に過去データから予想していくと

昨年2018年は7月9日、2017年は7月13日に梅雨明けしています。

 

梅雨の時期の期間の平均値として、気象庁が出しているデータは「42日間位」となっています。

更には、今年の梅雨は平年より長くなるという情報があります。

 

以上の事から考えると、2019年の関西の梅雨明け時期

7月10日頃~7月25日頃

という様に予想されます。

 

総雨量もチェック

梅雨と言えば、もう一つ気になるのが「どれ位雨降るんだろう?」ということですよね。

最近は、梅雨の時期でなくても「豪雨」が多いので、その辺りも気になります。

 

ウェザーニュースが発表している、今年2019年の梅雨時期の雨量傾向

引用元:https://weathernews.jp/s/news/tsuyu/

となっていて、関西地方の雨量は「平年並み」との予想となっています。

 

毎年どれ位の雨が梅雨の時期(6月)に降っているかというと

2010年:222・5(平均:7.4/日)
2011年:200.5(平均:6.68/日)
2012年:291.5(平均:9.71/日)
2013年:266(平均:8.86/日)
2014年:74.5(平均:2.48/日)
2015年:196(平均:6.53/日)
2016年:325(平均:10.8/日)
2017年:167.5(平均:5.58/日)
2018年:192(平均:6.4/日)

 

・・・数字出てもよくわからないですよね(笑)

というわけで、雨の強さを表しているのが下記となります。

 

引用元:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/amehyo.html

これを見ると、一日の平均雨量としてはそんなに強くないのかな?と思いますが

あくまでも平均値ですので、一気に集中して降る時もありますのでご注意を。

 

例えば、昨年2018年6月の一番雨が降ったのは6月20日で、1日の雨量は57.5mmでした。

梅雨の時期には、まとまった雨が一気に降る日が多くなります。

 

今年2019年の梅雨時期の雨量「平年並み」との予想ですので、過去データの平均を取ると

大体「平均:7.1mm/日」位の雨が降るという予想になります。

 

ただ、ここ数年は異常気象とも言われている現象が増えていて

・時間降水量50㎜以上の「非常に激しい雨」はここ30年で約1.3倍に増加

・時間降水量80㎜以上の「猛烈な雨」もここ30年で約1.7倍に増加

(ウェザーニュース参照)

という事ですので、これがどれ程強い雨か、ということが上記の図からも想像できますよね。

 

梅雨時期の雨量にも十分に注意が必要と思います。

 

梅雨入りの定義

ちなみにですが「梅雨入り」というのは、気象庁でもはっきりと「この日!!」という断言ではなく

「~日頃」という様な表現が使われています。

 

ニュースなどでも「梅雨入りしたとみられます」といった伝え方がされていますよね。

 

「梅雨入り」の定義としては

晴天が2日以上続いた後、梅雨前線の影響で前日と当日が雨になり

さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇り

という天気図となった時、とされているようです。

 

「梅雨前線の影響」というところが重要となります。

単に雨が5日間続いたからといって、梅雨入りとはなりませんもんね。

 

この様な天気図になった際の「雨が降りだした日」を梅雨入りとしています。

 

まとめ

今回は、関西地方の梅雨入り2019はいつ?ということで

過去のデータや平均値などから、2019年の梅雨入りの時期を予想してみました!

 

また、雨量も気になるということで平均値などを見てきました。

平均数値にしてみると、大丈夫そうなのかな?と思ってしまいますが

ここ数年の異常気象に加えて、集中豪雨はかなり増えていますので注意が必要と思われます。

 

梅雨の時期はどうしてもジメジメしてしまいますが、あらかじめ予想しておくことで

心構えもできますよね!

天気予報なども合わせてチェックしておきたいですね。

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

また別の扉でお会いしましょう!

Sponsored Links