熊本地震2019|被害状況と九州新幹線の運行状況・復旧は?

Sponsored Links







こんにちは! 空です。

 

お正月休みも後半に差し掛かって、ふるさとからUターン中の方も多いと思います。

 

そんな中、熊本で1月3日(木)18:10頃に最高震度6弱の地震がありました。

私もニュース速報で見てびっくりしたのですが、

現在のところは人的被害はないという事ですのでほっとしています。

 

ただ、地震の影響で九州新幹線は運転見合わせをしているとの事です。

Uターンラッシュと重なって駅は混雑しているようです。。

今回の熊本地震の被害状況や、九州新幹線の運行状況・復旧について調べてみました。

 

Sponsored Links

熊本地震2019の被害状況

今回の熊本地震は、2019年1月3日 18:10分ごろに起きました。

  • 震源地:熊本県熊本地方
  • マグニチュード:5.0
  • 震源の深さ:約10km

 

という事で、熊本県和水町では震度6弱を観測しています。

今回の地震による津波の心配はないという事ですが、お正月中の急な地震に驚いた方も多いですよね。

 

熊本では、2016年4月16日以来、約2年9か月ぶりの地震という事で

この時には震度7を観測しています。

ただ、震源の位置は前回のの震源よりも北に離れているという事ですので

関係性は不明という事です。

 

被害状況について

今回一番震度の大きかった熊本県和水町の被害状況についてまとめました。

 

「萩原地区にあるブロック塀のうち、幅30センチほどが崩れた」

という事ですが、この事による人的被害はないそうです。

 

停電に関しては、今のところは停電しているところがあるという情報はありませんでした。

断水に関しても、現在までに断水の情報は入っていませんでした。

 

原発には関しては、川内原発(鹿児島県)と玄海原発(佐賀県)に異常は確認されていないとの事です。

 

震度6クラスの地震の際には、余震がくることも多いという事ですので

安全な場所に避難して防災グッズをそろえる事をお勧めします。

 

このまま大きな余震がないのが一番ですが・・・。

 

九州新幹線の運行状況と復旧について

今回の熊本地震の影響で、九州新幹線の運行に影響が出ているようです。

 

地震があった際に走行中だった九州新幹線の熊本発博多行きつばめ338号は緊急停止

その他の九州新幹線、博多―熊本の上下線で一時運転を見合わせという事です。

 

新幹線に乗っていた方からの情報としては

本日1月3日(木)は終日運転見合わせ、という事ですので今日中の復旧は難しい様です。

 

JR九州のHPの案内によると

<地震による運転見合わせ>
発生時刻:18時10分
発生場所:九州新幹線 新大牟田 から 熊本

●九州新幹線(上下線)
【運転見合わせ:博多 から 熊本】
【遅延:熊本 から 鹿児島中央】※地震の影響で線路点検等の確認作業を行います。点検作業は3〜4時間程度掛かる見込み。
※九州の在来線は所定運転を行っています。(2019/01/03 20:10現在)

 

※JR九州運行状況

 

安全が確認されれば、明日の始発位から復旧しそうですが・・・

余震によっては運転再開時間がのびるかもしれませんね。。

 

また何か情報が入りましたら追記致しますね。

※追記

※追記2

1月4日(金)の始発から無事に運転再開されているとの事です!!

 

九州自動車道について


九州自動車道は安全確認のため、18:15から柳川IC~熊本IC間で上下線通行止めとなっているそうです。

 

熊本IC~八代IC間で、最高時速50km/hの速度規制が行われています。

 

Uターン中の方は道路情報をチェックしながらお気をつけてお帰り下さいね。

 

※追記

まとめ

本日1月3日(木)18時10分頃に発生した熊本地震について

被害状況や九州新幹線の運行状況などについてまとめてきました。

 

今のところは人的被害などの情報は入っていませんので、ホッとしていますが

今後も余震などには十分に気を付けてくださいね。

 

前回の熊本地震の際にも、夜中に本震がきていますので念には念を入れてご注意ください。

 

九州新幹線も安全が確認され次第運転開始されると思いますので

HPやラジオなどもチェックしてみてください。

 

2019年1月26日発生の地震について

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links