城下麗奈の経歴や現在の職業は?美人ハードラーの画像まとめも

Sponsored Links







こんにちは! 空です。

 

2019年4月21日放送の『消えた天才』に美人ハードラーと呼ばれていた

城下麗奈さんが出演されます。

 

ハードラーとは、ハードル選手の事なのですが

城下さんは当時からその端麗な容姿がかなりの話題となっていましたよね!

 

そして、城下さんの特徴といえば、当時へそピアス着用されていた事も話題でした。

 

そんな城下麗奈さんの経歴や現在の職業・姿についてまとめてみました!

 

Sponsored Links

城下麗奈の経歴

 

城下麗奈さんのプロフィール

 

生年月日:1986年4月2日

年齢:33歳

出身:神奈川県

身長:168cm

体重:50kg

学歴:青山学院大学卒業

種目:100メートルハードル 

自己ベスト:100mハードル : 13秒25(2010年)

 

横浜清風高等学校卒業後に、青山学院大学に進学した城下さん。

大学卒業とともに引退して装飾関係に就職する予定だったという事ですが、

大学時代に好記録が出たため1年留年した後、就職せず非正規雇用の状態で競技を続けていたといいます。

 

ハードル元日本代表ということで、現役時代には当時は珍しい

へそピアスにハイレグブルマーを着用していた事も話題となりました。

 

引用元:http://news.livedoor.com/article/image_detail/8000594/?type=&vender=

 

ちなみに、ハイレグブルマー着用の理由は「足が長く見える」という事かららしいですよ!

 

2010年の日本陸上競技選手権大会で2位となり、同年のアジア大会の代表に選ばれます。

しかしながら、その決勝で転倒して大怪我をしてしまいます。。

その後は怪我が思うように回復せずに、2013年に引退を表明しました。

 

引退と同時に結婚も発表し、一般人の男性とご結婚され、

その後2013年9月に第1子を出産しています。

こちらは2015年にお子様と動物園に行かれた時の写真をブログにアップされてました♪

女の子のお子様のようですね。

 

当時のことをブログには

これからは、現役ではなくなりますが陸上を愛し1人の女性として、新たな人生を歩んでいきたいと思います。

(引退理由は)アジア大会での怪我が、あまりにも長引き、練習にも支障がでたため、このままではいい成績を残せないと判断しました

と書かれていました。

 

現役当時から、その美人な容姿に注目が集まる事が多かった城下さんですが

「容姿だけって思われたくないから、人1倍練習した」

と語られていて、当時はかなりの練習をしてアジア代表にまでなったのだと思います。

 

とても努力家の方なのだな、という印象を抱きました。

 

現在の職業は?


引退後もその美貌は相変わらずですよね~。

 

ご結婚されてお母様となられた現在は、何の仕事をされているのでしょうか?

 

2013年に陸上を引退した後には、タレントとして芸能活動をされていました。

芸能事務所「ベンヌ」に所属されています。

 

そして、今年2019年の4月からは

SCDスポーツクラブの”茅ヶ崎アスレチッククラブ“と”城下麗奈ランニングスクール“の

コーチとして指導するお仕事も始められています!

 

SCDスポーツクラブで、「走り方」を教えているそうですよ!

元日本代表の城下麗奈さんに指導してもらえるのは、かなり嬉しいですよね♪

 

城下さんがコーチをしている貴重な動画も発見!

 

スポーツクラブのインスタでは、城下コーチのここがすごい!ということで

素敵な画像も載せられていましたよ♪

相変わらずの美人さんですよね~。

こんな美人のコーチから習うのは、子どもたちも嬉しいはず(笑)

ママになってもこうやって陸上の世界で活躍されている姿は、とても素敵ですよね!

 

美人ハードラーの画像まとめ

美人ハードラーの城下麗奈さん。

ママになってもご活躍中でしたが、本当に美しいですよね。

 

せっかくなので、画像をまとめてみました♪

 

2010年の競技中の動画も発見!

1位になっているのが城下さんです。

 

まとめ

今回は、2019年4月21日放送の『消えた天才』に登場する

美人ハードラー城下麗奈さんについて、経歴や現在などをまとめてみました!

 

ママさんになっても、美人さんで陸上の世界で貢献して頑張っている城下さん。

同じ女性としても尊敬です。

 

今後もTVなどで拝見できる機会が増えるといいですよね♪

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

また別の扉でお会いしましょう。

Sponsored Links