紅白2018の視聴率|歌手別と瞬間最高は?歴代と比べるとヤバイ!

Sponsored Links

こんにちは! 空です。

 

2019年新年に突入して、すでに仕事始めという方も多いかもですね。

 

2018年の大みそか、年末年始はどの様に過ごされましたか?

私は毎年実家に帰省してのんびりと過ごしています(笑)

そして、年末年始の定番といえば・・・やっぱり紅白歌合戦!!今年も家族で見ました。

 

年々見る人も減っている、という声も多い紅白歌合戦ですが

2018年は平成最後の紅白、という事だけあってすごい見どころ満載でしたよね!!

米津玄師さんの出場をはじめ、サザンとユーミンの共演があったり、

見ていても例年との違いを感じました。

 

そして、その2018年の紅白歌合戦の視聴率が凄い事になっているというのです。。

今回は歌手別ランキングや瞬間最高などを含めて、歴代紅白とも比べてみたいと思います!

 

紅白2018の視聴率

2018年の紅白は、本当に見所が満載でしたよね~!!

サザンは35年ぶりにNHKホールにてパフォーマンス、

今年大活躍のDA PUMPのパフォーマンスにも注目されていました。

 

個人的には、あの五木ひろしさんとDA PUMPがコラボしていたのが衝撃的でした(笑)

 

紅白歌合戦2018年の視聴率は、1月2日に発表になっています。

 

第1部(19:15~20:15)

37・7%(35・2%)

第2部(21:00~23:45)

41・5%(40・5%)

※()内は関西

 

という事で、2年ぶりの40%超え!!

前回2017年の紅白の視聴率は、39・4%(39・6%)という事ですので

前回を大きく上回る数字となった事がわかりますね。

 

詳しく見ていくと、

第1部は前年比2・0ポイント増

・第2部は同0・9ポイント増

 

関東地区では

・第1部が37・7%(前年比1・9ポイント増)

・第2部が41・5%(同2・1ポイント増)

という事で、こちらも大きく伸びていますね!

 

それだけ皆さんの注目が高かったということがわかります。

 

2018年の年間視聴率ベスト5にもなんと紅白歌合戦がランクイン!!

なんだかすごいですよね!

歌手別視聴率

歌手別の瞬間最高視聴率1位は・・・

サザンオールスターズで45・3%(関東)

でした!!

サザンオールスターズは今年で結成40周年。

35周年ぶりの紅白出場で大トリということで、出場決定後から話題でしたよね!!

年齢層を超えて人気が高いのも1位となった大きな理由ではないでしょうか?

 

それでは、歌手別視聴率のTOP10を見ていきたいと思います。

 

紅白2018歌手別視聴率ランキング
10位:三山ひろし 42.3%
「いごっそ魂~けん玉世界記録への道、再び~」

9位:AKB48 42.4%
「恋するフォーチュンクッキー」

8位:松田聖子 42.6%
「SEIKO DREAM MEDLEY 2018」

7位:西野カナ 42.6%
「トリセツ」

6位:TWICE 42.7%
「紅白メドレー2018」

5位:嵐 42.9%
「紅白スペシャルメドレー」

4位:松任谷由実 43.4%
「ひこうき雲(収録)」
「やさしさに包まれたなら」

  MISIA 43.4%
「アイノカタチ 2018」

3位:星野源 43.5%
「アイデア」

2位:米津玄師 44.6%
「Lemon」

1位:サザンオールスターズ 45・3%
「希望の轍・勝手にシンドバッド」

 

いかがでしょうか?

TOP10全ての歌手の方の瞬間視聴率で40%超え。

やはり今年はそれだけ注目度も高かったのでしょうね~。

 

瞬間最高は?

では今回の紅白2018で一番視聴率が高かったのはどの場面だったのでしょうか?!

 

それは・・・

結果発表をしている時で、白組の勝利が決まった場面でした!!

第2部:午後11時42分に記録した45・5%

私もそうですが、みなさん紅組・白組のどちらが勝つか気になっていたという事ですね!

 

ちなみに、第1部の最高瞬間視聴率は午後8時53分40・8%。

前半ラストの五木ひろしさんの出演シーンで、

DA PUMP・AKB48・Aqours・TWICEと一緒に

「VIVA・LA・VIDA!〜生きているっていいね!」をダンスしている時ですね!!

 

やっぱり・・・(笑)

私同様に皆さんも気になっていたと思うとちょっと嬉しいです。

 

歴代の紅白視聴率

歴代の紅白歌合戦の視聴率はどんな感じだったのでしょうか?

近年は紅白を見る人も減ったといわれていますが、本当なのでしょうか??

 

紅白歌合戦の平均視聴率の推移を示した図を見つけました。

引用元:http://honkawa2.sakura.ne.jp/3967a.html

 

これを参考にすると、歴代の紅白歌合戦で一番視聴率が高かったのは

1963年:第14回の81.4%

 

・・・81.4%??!!

なんと、驚異の80%超え!!!!

これはすごいですよね。ほぼ全家庭で年末は紅白を見ていた、という姿が想像できます。

 

2000年からは視聴率が50%を下回る様になっています。

2000年といえば・・・バブル絶頂の時でしょうか?

「家に居て紅白を見る」という状況よりも、外で楽しんではじける、という人たちが増加してそうですね。

 

ちなみに、裏番組の大人気年末特番「ガキ使のわらってはいけない」が開始されたのが2003年です。

 

他にも各テレビ局が年末特番に力を入れてきたのも、紅白を見る人が減った要因かもしれませんね。

また、年末年始には海外旅行へ行ったり、カウントダウンイベントへ出かけたりと

家にいる人も減ってきた、という背景もあるかもしれません。

 

 

紅白をもう一度見たい!という方は見逃し配信もお勧めですよ♪

1月15日まで限定で配信されています。

しかも最初の31日間は無料で見れます!



まとめ

今回は、紅白歌合戦2018の視聴率、という事で

歌手別と瞬間最高・歴代の視聴率などをお届けしてきました!

 

ちなみに、民放での年末特番視聴率の第一位は

やはりガキ使の笑ってはいけない」でした!!

 

第一部で14.3%(関西:19.5%)、第二部で12.8%(17.2%)

という事ですよ。

 

年々色んな年末特番が組まれていますし、今後も視聴率競争は続きそうですね。。

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

また別の扉でお会いしましょう。

Sponsored Links