ウーマンラッシュアワー時事ネタ2018の動画と内容は?ネットの反応も

Sponsored Links






こんにちは! 空です。

 

12月9日の「THE MANZAI」で、ウーマンラッシュアワーが披露したネタが話題となっていますね!

 

二人は2017年も時事ネタを盛り込んだネタを披露して話題となっていたのですが、

今回も時事ネタを存分に含んだものとなっていて、

その出来にネットからは称賛の声や批判などの反応があふれていました。

 

時事ネタって扱うのはかなり難しいと思うのですが

いつもそれをTVで披露する事や、かまない早口な喋りには感心してしまいます。

 

そんなウーマンラッシュアワーがTHE MANZAIにて披露したネタについて

動画や内容についてご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Links

ウーマンラッシュアワー

ウーマンラッシュアワーは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビで

2008年9月結成のお二人です。

 

THE MANZAI 2013の優勝者でもあります。

 

ボケ担当(立ち位置左)の、村本大輔(むらもと だいすけ)さんと

ツッコミ担当(立ち位置右)の中川パラダイスさん(本名:中川和宗 なかがわ たかむね)

のお二人のコンビです。

 

村本さんは、福井県立小浜水産高等学校を中退して、

最初は一緒に福井県から出てきた幼稚園からの幼馴染と「横山おいもこいも」というコンビを組んでいました。

その後、本田一馬と組んだ「村本・本田」というコンビを組み、

『M-1グランプリ』準決勝進出もされていますね。

 

中川さんは、大阪NSC23期生で2000年にNSC入学をして、2001年デビューしています。

 

学生時代に同級生と漫才をしたことをきっかけに芸人を志したそうです。

デビュー後はオーディションに落ちる日々が続き、一度芸人を辞めています。

NSCの同期から「コンビ組んで一緒にやらない?」と誘われたことをきっかけに、

コンビを結成して、再び芸人の道に戻りますが、その後再び解散しています。

 

2008年9月にお二人でコンビを結成し、

その後10年間「ウーマンラッシュアワー」にてご活躍されていますね!

 

ウーマンラッシュアワー時事ネタの動画

では、話題となっている「THE MANZAI」にて

ウーマンラッシュアワーのお二人が披露した時事ネタの動画をまとめました!

 

見逃した方、必見です!

・・・すごい勢いですよね!

かまないのがすごい。。。

 

ちなみに、2017年に披露した時事ネタがこちら!

 

こちらもすごい!!

漫才を見るだけでもその年の時事がわかるって結構なことですよね。

 

内容について

めっちゃめちゃ早口なので、全ての内容を聞き取るのには何回も見ましたが

本当にすごいなと再認識です。

 

よくこの難しい内容を全て練り込んだものを、一語一句間違えずに言えるな・・・

さすが、プロです。

 

今回のネタにはいくつもの時事ネタが練り込まれていましたね!

例えば

・「LGBTの人たちにカミングアウトという言葉を使わせている。

自分が自分のことを言うのにカミングアウトという言葉を使わせている社会は普通じゃない」

 

・「沖縄の海ってだれのもの?日本のもの?アメリカのもの?違う。沖縄県民のものなんです。

今こそ沖縄県民の怒りの声に耳を傾けるべき」

 

などなど。

 

このネタの中では、

・沖縄の米軍基地問題
・BTSと原爆
・LGBT
・ジャーナリスト・安田純平さん
・朝鮮学校無償化

など、実に多くの時事問題を語っていました。

 

番組終了後には、村上さんは次のようなツイートも挙げられていましたね!

ご本人が今まで見たり聞いたり、体感してきたことを伝えているので

より真実味があって、多くの人に響き、こうやって話題になるのだろうなと思いました。

 

また、11月には次のようなツイートもされていました。

有言実行ですね!

 

もちろん、これをネタにして披露する事に賛否両論あるとは思います。

 

ただ、あまり政治や時事に興味がない人たちにも「知る」というきっかけの一つとなりますよね。

それを見て、聞いて、どう感じるかは本人によりますが

少なくても、今回のネタが「知る」という第一歩目のきっかけになった方も沢山いるのではないでしょうか?

 

ネットの反応

今回のネタに関しては、称賛の声もかなりあがっていますし

「何が言いたいか分からない」といったような批判の声もありました。

 

皆さんの反応をまとめてみました。

 

まとめ

今回は、「THE MANZAI」で、ウーマンラッシュアワーが披露したネタについて

動画や内容についてまとめてみました!

 

どうやら、you tubeの方は早々に削除されてしまっていますね。。

政治的内容が含まれているものってやはり扱いが難しいのでしょうね。

 

もちろん、内容については賛否両論がかなりあると思いますが

こうやって話題になる事は芸人にとっては望んでいる事なのだろうな、とも思いました。

 

「表現の自由」がある日本だからこそできる事なのかな、とも思いますよね。

 

漫才、という枠に当てはまるのかどうかは別ですが、色んな意味で濃いネタでしたね!

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

また別の扉でお会いしましょう。

Sponsored Links